kminiatures

足が好きな人はこちらをどうぞtumbleg twitter

筒井康隆『ビアンカ・オーバースタディ』あとがき Illustration/いとうのいぢ | 最前線 »

ながらくお待たせした。
この「ビアンカ・オーバースタディ」は最初「ファウスト」用に三分の一を渡してから二年も経ってからやっと出た。これは編集者の太田が悪い。
さらに次の三分の一を渡してから『ファウスト」が出るまでに二年かかった。太田が悪い。
最後の部分を渡してから、これはいとうのいぢの絵を待つために一年足らずの時間が経った。太田が悪い。
この本にはふたつの読みかたがある。通常のラノベとして読むエンタメの読みかた、そしてメタラノベとして読む文学的読みかたである。どちらでもお好みの読みかたで読んでもらってもよいが、できれば両方の読みかたで読んでいただければありがたい。太田が悪い。
別にエラソーに言っているわけではない。ラノベの読者は多いから、できればこの本を読んだ何分の一かの読者を、わが本来の作品に誘導したいだけなのである。
ところで、ラノベはよく売れるので、たいていは続篇が出る。この作品も続篇を書きたいところだが、あいにくわしはもう七十七歳でこれを喜寿というのだが、喜ばしくないことにはもう根気がなくなってきている。「ビアンカ・オーバーステップ」というタイトルのアイディアがあるから、誰か続篇を書いてはくれまいか。別のタイトルでもよく、大ネズミが出てこなくてもいいので、傑作を書いて大もうけしていただきたいものだ。
太田が悪い。
二〇一二・夏
筒井 康隆

「男の人ってどうしていつも死ぬことを心配しているのかしら。だって、肝心なのは生きることでしょ。死ぬまでが問題で、あとはおしまい。そうじゃない?」


「グリンプス」ルイス・シャイナー、小川隆・訳
ちくま文庫 ”5. 移行中”(p310)

ROAD TO NOWHERE (via kazukij)

ntrn:

1962年10月、アメリカで行われた核実験を地球の外から撮影した写真です。
これはすごいです…核爆発で発生した煙に地球が覆われています。
核出力400キロトン、上空50キロ弱にも舞い上がるキノコ雲…。言葉が出ません。
以下のサイトから、その他の核実験を記録した壮絶な画像を高解像度で見ることができます。
(地球が半分爆発している…。宇宙空間から眺める核実験写真 : ギズモード・ジャパンから)

ntrn:

1962年10月、アメリカで行われた核実験を地球の外から撮影した写真です。

これはすごいです…核爆発で発生した煙に地球が覆われています。

核出力400キロトン、上空50キロ弱にも舞い上がるキノコ雲…。言葉が出ません。

以下のサイトから、その他の核実験を記録した壮絶な画像を高解像度で見ることができます。

(地球が半分爆発している…。宇宙空間から眺める核実験写真 : ギズモード・ジャパンから)

人類は確実に滅亡すると言われています。犬のうんこや年収の事など気にしている場合か。

人類は確実に滅亡すると言われています。犬のうんこや年収の事など気にしている場合か。